家事代行バイトに応募する主婦の理由とは?

家事代行バイトコンシェルジュ

家事代行バイトコンシェルジュ

応募のきっかけの多くは主婦ならではの理由

専業主婦をしていた人が、社会復帰の第一歩として家事代行の仕事を選ぶ例が最近増えています。なぜ家事代行の仕事を選んだかについて、理由は人それぞれ違いますが、「専業主婦ならではの理由」だと思わず納得させられるものばかりです。それでは、実際に家事代行を始めた三人の経験者のそれぞれの理由を見て行きましょう。

LINEで送る
Pocket

家事代行を始めるきっかけとは

「子どもが大きくなってきて空いた時間ができたから」という理由の人がいます。彼女の場合は仕事に活かせそうなスキルがないので、どうしようかと悩んでいた時に、ネットで家事代行の仕事の求人を見つけたそうです。家事代行の仕事は時給も他の主婦向けのバイトに比べて高額だったので、特別なスキルが必要かもと思い半信半疑で面接に向かったそうですが、専業主婦として家事をこなせるノウハウがあれば大丈夫だと説明されて嬉しかったと語っています。彼女のように仕事はしてみたいけれど、特別なスキルがないと思い込んでいる人にとって、家事代行の仕事はぴったりです。仕事を始めてみたら「実は専業主婦の経験がスキルになっていた」と言う嬉しい発見があるでしょう。

家事のスキルアップのために

また、「家事があまり上手ではなく、時間ばかりかかってしまうので鍛える意味で家事代行の仕事を選んだ」という人もいます。彼女の場合は、家事代行の仕事を始める前にプロの指導で行われる家事全般の研修を受けられること、そして仕事をしながらも継続的に家事代行会社のスタッフから家事の指導を受けられる点に目を付けました。最初は苦手だった家事でしたが、研修を受け要領を得たことと、何より「お客様の家で仕事として家事をする」と言う緊張感と集中力により、順調に家事のスキルアップが出来たそうです。家事も上達することができた上に、お給料までいただけるので本当にラッキーだったと彼女は言います。当初の目的通り、家事がスキルアップした時点で仕事を辞めようと思っていた彼女でしたが、自分の家の家事が効率よく速くできるようになったため、それまでよりも大幅に自由な時間が増えたそうです。結局仕事を辞める必要もなくなり、家事と仕事を両立し、稼いだお金で趣味の旅行も楽しんでいるとのことです。

短い時間でも働ける

「子育て中で時間はないけれど、それでも仕事をしたいと思った」こういう理由で家事代行の仕事を選んだ人もいます。家事代行の仕事は短時間でこなせる要件も多く、フレキシブルに勤務時間を選ぶことができます。彼女はそこに目を付けて、子どもを預かってもらえる時間に家事代行の仕事を入れることにしました。家事代行の仕事をすることで、一瞬子育てから離れて、社会に出て仕事に集中することで、育児疲れによるストレスからも解消されたそうです。また体を動かすことにより、夜ぐっすり眠れて働く前よりも元気になったと言います。三人の主婦の働く理由を見て見ましたが、まったく違うようでいて専業主婦ならではの共通した理由があることが理解できたと思います。

応募のきっかけの多くは主婦ならではの理由

おすすめPICK UP記事

あると便利「ホームアテンダント検定試験」
あると便利「ホームアテンダント検定試験」

家事代行のバイトをはじめたらその奥深さに魅せられて、もっとキャリアを磨きたいとがんばる主婦の方も少なくありません。そういう場合は資格を取得することで基礎的な知識の勉強にもなりますし、仕事を探す際にも有利になります。家事代行バイトに活用できる資格として「ホームアテンダント検定試験」の概要などを紹介します。ホームアテンダント検定試験は、まさに家事のプロフェッショナルであることを証明する資格で、チャレンジしてみることで多くの気付きがあり刺激になることと思います。

家政婦と家事代行との違い
家政婦と家事代行との違い

家事代行というと、家政婦さんを思い浮かべる方が多いと思いますが、家事代行と家政婦さんは違います。一番大きな違いは雇用形態(契約の流れ)の違いです。家政婦さんの場合は家政婦紹介事務所からの紹介を受けて、家政婦さん本人と仕事先のお宅で契約をしなければならず、万が一トラブルなどがあっても家政婦さん本人が責任をもたなくてはならなくなります。これに対して家事代行のバイトは、契約等は家事代行サービスを提供する会社が行うものなので、その会社の1スタッフとして安心して仕事をすることができます。

Copyright (C) 2015 家事代行バイトコンシェルジュAll Rights Reserved.