家事代行のバイトは副業にもおすすめ

家事代行バイトコンシェルジュ

家事代行バイトコンシェルジュ

「主婦」を副業に

専業主婦の経験を活かす

専業主婦が子どもの手が離れたなどの理由で、再び社会に出て働きたいと思う時に障害になるのが、「仕事のキャリアを積んでいない」「手に職がない」などの悩みではないでしょうか。しかし、家事代行の仕事にとって必要なスキルは、専業主婦の経験で得たスキルと同じです。家事代行のバイトを始めてみれば、「今すぐお金を稼げるスキルを専業主婦は持っている」ということに気が付かれると思います。掃除上手、子ども好き、明るい性格は長所であるだけでなく家事代行の仕事に欠かせないスキルでもあるのです。

応募のきっかけの多くは主婦ならではの理由

専業主婦が家事代行の仕事を選ぶ理由は、人によってそれぞれです。「仕事をするスキルがない」と思っていたのに、たまたま見つけた家事代行の仕事を始めてみたら、家事は立派なスキルだったと気が付いたという人います。「家事が苦手だから」という理由であえて家事代行を選び、研修や家事代行スタッフの指導により、家事のスキルアップを果たしたという人もいます。また「短い時間で働ける仕事」として家事代行の仕事を選んだ人もいます。それぞれ違う理由ですが、「専業主婦ならでは」という共通点があることがわかります。

おすすめPICK UP記事

あると便利「ホームアテンダント検定試験」
あると便利「ホームアテンダント検定試験」

家事代行のバイトをはじめたらその奥深さに魅せられて、もっとキャリアを磨きたいとがんばる主婦の方も少なくありません。そういう場合は資格を取得することで基礎的な知識の勉強にもなりますし、仕事を探す際にも有利になります。家事代行バイトに活用できる資格として「ホームアテンダント検定試験」の概要などを紹介します。ホームアテンダント検定試験は、まさに家事のプロフェッショナルであることを証明する資格で、チャレンジしてみることで多くの気付きがあり刺激になることと思います。

家政婦と家事代行との違い
家政婦と家事代行との違い

家事代行というと、家政婦さんを思い浮かべる方が多いと思いますが、家事代行と家政婦さんは違います。一番大きな違いは雇用形態(契約の流れ)の違いです。家政婦さんの場合は家政婦紹介事務所からの紹介を受けて、家政婦さん本人と仕事先のお宅で契約をしなければならず、万が一トラブルなどがあっても家政婦さん本人が責任をもたなくてはならなくなります。これに対して家事代行のバイトは、契約等は家事代行サービスを提供する会社が行うものなので、その会社の1スタッフとして安心して仕事をすることができます。

Copyright (C) 2015 家事代行バイトコンシェルジュAll Rights Reserved.