忙しい現代人のために家事代行が普及しています

家事代行バイトコンシェルジュ

家事代行バイトコンシェルジュ

家事代行が普及しつつある背景

主婦の家事能力を活かして社会の役に立ちながら収入を得られる家事代行のバイトが話題になっています。以下に家事代行のお仕事が注目を集めている理由を紹介しています。

LINEで送る
Pocket

家事の出来る人が減少

高度成長期の頃は、男性は会社で仕事をして稼ぎ、女性は専業主婦として家事に専念するというのが一般的な家庭像でした。しかし、「男女雇用機会均等法」が1986年に施行され、「男女共同参画社会基本法」が1999年に施工されるなどして、社会に働きに出る女性が増加しました。すると専業主婦は減り、共働きの家庭が加速度的に増加してきました。

家事代行サービスの需要

家事代行・生活支援サービス産業の市場規模は、おおよそ1,500億円であると予想されています。
また、将来的には約5,000億円まで拡大が見込まれており、これはまさに成長産業と言えるでしょう。

引用:家事代行.com

家事代行.com
家事代行.comを見る

結婚後も仕事を続けたい女性が増えるなど、女性の価値観が変化して久しくなりました。夫婦共稼ぎの家庭は専業主婦家庭の1.4倍にまで増加しています。仕事と家事に追われて出産育児のタイミングを逸してしまうなどの理由により、少子化に拍車がかかってきました。その一方で、出産を期に退職してしまうと次の仕事がなかなか見つからない、教育費の負担も大きくなっている、経済的な不安のために多くの子供を持つことをためらうなど、女性の収入源も早急に解決しなければならない問題です。このような社会情勢を背景に、主婦の長年の家事経験を活用して家事を支援するサービスの需要が高まってきました。

ベテラン主婦が活躍中

家事代行バイトの現場で活躍するのは50代、60代の家事経験豊富な主婦たちが中心となっています。新聞で紹介されていた家事代行バイトの主婦スタッフさんは、家事を依頼されて家に行くと、「30分で洗い物などのキッチン周り」「20分でバスルームの掃除」「10分でトイレ掃除」などのように自然と段取りのイメージが沸くといいます。家事業務の全体を見渡したうえで段取りよく時間配分し、てきぱきと短時間で片付けていくことができるなど、家事のプロフェッショナルとしての主婦のパワーが最大限に活かされるお仕事です。時間、スキルを有効活用したい主婦の方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

家事代行が普及しつつある背景

おすすめPICK UP記事

あると便利「ホームアテンダント検定試験」
あると便利「ホームアテンダント検定試験」

家事代行のバイトをはじめたらその奥深さに魅せられて、もっとキャリアを磨きたいとがんばる主婦の方も少なくありません。そういう場合は資格を取得することで基礎的な知識の勉強にもなりますし、仕事を探す際にも有利になります。家事代行バイトに活用できる資格として「ホームアテンダント検定試験」の概要などを紹介します。ホームアテンダント検定試験は、まさに家事のプロフェッショナルであることを証明する資格で、チャレンジしてみることで多くの気付きがあり刺激になることと思います。

家政婦と家事代行との違い
家政婦と家事代行との違い

家事代行というと、家政婦さんを思い浮かべる方が多いと思いますが、家事代行と家政婦さんは違います。一番大きな違いは雇用形態(契約の流れ)の違いです。家政婦さんの場合は家政婦紹介事務所からの紹介を受けて、家政婦さん本人と仕事先のお宅で契約をしなければならず、万が一トラブルなどがあっても家政婦さん本人が責任をもたなくてはならなくなります。これに対して家事代行のバイトは、契約等は家事代行サービスを提供する会社が行うものなので、その会社の1スタッフとして安心して仕事をすることができます。

Copyright (C) 2015 家事代行バイトコンシェルジュAll Rights Reserved.