家事代行バイトの給料や募集要項は?

家事代行バイトコンシェルジュ

家事代行バイトコンシェルジュ

給料・募集要項事例

家事代行を始めようと言う人にとって気になるのが、家事代行をすると「給料はいくらか」「勤務時間はどのくらいか」などの具体的な条件だと思います。実際の応募要項例を見ることが手っ取り早いと思いますので、一つの例を見てみましょう。

LINEで送る
Pocket

ある家事代行のバイトの募集要項例

それでは実際にあった家事代行の仕事の募集要項例を見ていきましょう。応募年齢は20代から60代後半ぐらいまでと幅広く、40代から60代の人が中心になって働いているようです。応募要件としては、家事経験があれば特別な資格はいらないとのことです。時給は1100円から1800円と幅があり、拘束時間の目安は2時間のケースと8時間のケースがあるようです。また訓練期間が設けられていて、お掃除の研修やマナー教室などもあります。形態としては短時間高収入が見込め、必要な資質としては人柄が良いこと、礼儀正しいこと、体力が一定以上ある事などが挙げられています。

家事代行の仕事内容

家事代行の仕事は、他人の家の家事を代行する仕事です。時給に開きがあるように、仕事の幅も多岐にわたります。掃除、洗濯はもちろん、片づけ、料理、ベビーシッター、消耗品の補充などの仕事も行います。基本的に自分の家でしなければならない家事全般と、それに付随する雑多な仕事、そして子育ての補助なども仕事に含まれます。つまり専業主婦の経験がある人ならば、家事代行のスキルをすでに持っているということになります。なので、専業主婦をしていたけれど、子育てもひと段落ついたので社会復帰してみようという人にとってお勧めの仕事だと思います。また募集要項にあるように拘束時間が2時間の短時間のバイトとしても利用できますので、主婦としての仕事をこなしながら空いた時間を利用して、家事代行の仕事をすることも可能です。

家事代行のメリットとデメリット

家事代行の仕事をする時には、当然良い部分と悪い部分がありますので、仕事を始める前に簡単に目を通しておくのもいいと思います。まずは良い部分ですが、何と言っても専業主婦の経験を活かせることです。そして先述しましたように短期間でも仕事がありますので、自分のライフスタイルに合わせて仕事を組み込むことが可能です。また研修などを受けることができますので、家事のスキルアップが期待できます。お金が欲しいという理由ではなく、家事を効率的にできるように修行としてこの仕事を始める人も少なくありません。そしてこの仕事の悪い部分ですが、やはり他人の家に入って働くことは嫌なことも多いです。自分の家とは常識が違うような汚れた部屋に入ることもあると思います。。そしてやはり人間関係が重要な仕事なので、嫌な依頼主に当たってしまうと嫌な思いをするでしょう。気にしても仕方がないので、気持ちを切り替える練習をするといいかもしれません。

給料・募集要項事例

おすすめPICK UP記事

あると便利「ホームアテンダント検定試験」
あると便利「ホームアテンダント検定試験」

家事代行のバイトをはじめたらその奥深さに魅せられて、もっとキャリアを磨きたいとがんばる主婦の方も少なくありません。そういう場合は資格を取得することで基礎的な知識の勉強にもなりますし、仕事を探す際にも有利になります。家事代行バイトに活用できる資格として「ホームアテンダント検定試験」の概要などを紹介します。ホームアテンダント検定試験は、まさに家事のプロフェッショナルであることを証明する資格で、チャレンジしてみることで多くの気付きがあり刺激になることと思います。

家政婦と家事代行との違い
家政婦と家事代行との違い

家事代行というと、家政婦さんを思い浮かべる方が多いと思いますが、家事代行と家政婦さんは違います。一番大きな違いは雇用形態(契約の流れ)の違いです。家政婦さんの場合は家政婦紹介事務所からの紹介を受けて、家政婦さん本人と仕事先のお宅で契約をしなければならず、万が一トラブルなどがあっても家政婦さん本人が責任をもたなくてはならなくなります。これに対して家事代行のバイトは、契約等は家事代行サービスを提供する会社が行うものなので、その会社の1スタッフとして安心して仕事をすることができます。

Copyright (C) 2015 家事代行バイトコンシェルジュAll Rights Reserved.