何が違うの?家事代行バイトと家政婦さんの内容とは?

家事代行バイトコンシェルジュ

家事代行バイトコンシェルジュ

家政婦と家事代行との違い

子供が幼稚園や小学校に通い始めると、「そろそろ働きに出ようか」と考える主婦の方は多いようです。でも、よっぽどの資格やキャリアがない限り、再就職も簡単ではないのが現状です。ましてや、子供の急病や学校行事の事を考えてフルタイムで働くが難しい方なら、なおさら働ける職場は限定されてきます。そんな専業主婦の方の強い味方なのが、今まで培ってきた家事スキルを活かした「家事代行サービス」という働き方です。

LINEで送る
Pocket

家事代行と家政婦の違いは雇用形態

家政婦さんはご依頼主の方と家政婦さんが個人同士で結ぶ契約ですが、家事代行サービスではご依頼主と会社が契約を結び、スタッフを紹介する点が異なります

引用:家事代行110番

家事代行110番
家事代行110番を見る

家事代行サービスと聞くと、「家政婦とどう違うの?」と疑問を感じる方も多いかもしれません。まず基本的な違いは、その雇用形態です。家政婦の場合は、家政婦紹介所などの仲介でお客さんと直接雇用契約を結ぶ形になります。対して家事代行サービスの場合はあくまで派遣と考えていいでしょう。働く人が契約を結ぶのは家事代行サービス事務所などの派遣元、依頼人が契約するのも事務所です。もし家政婦として雇われた場合、何らかのトラブルを起こしてしまえば家政婦本人が責任をとることになります。雇用主にケガをさせたり、何かを壊してしまった時です。ですが家事代行サービスの場合は、ほとんどの事務所が損害賠償保険に加入しているため、万が一の時はあなたの代わりに対応してくれます。

日本看護家政紹介事業協会を見る

家事代行サービスバイトなら家事全般のスキルが活かせます

家事代行サービス事務所が請け負う仕事は、料理や掃除などごくごく一般的な家事スキルです。依頼があれば、パーティの飾りつけや引っ越しのお手伝いなどユニークなサービスも提供するようです。もちろん、極端に専門的な知識や技術、男性並みの力が必要な作業が主婦の方に依頼されることはありません。掃除や料理などは殆どの方がご家庭で日常的に行っていることです。もちろん、仕事として行う以上は手抜きや妥協はできませんが、かといってプロ並みの技術も必要とされていません。家事代行サービスを依頼する方は、単身赴任中の男性、高齢者などの「家事をする暇がない」「家事ができない」方が多いのです。ほとんどの方がその名の通り家事を代行してもらいたいだけなので、働く人にもプロ並みの家事スキルは要求されません。

家事代行サービスバイトの見つけ方

家事代行サービスでバイトをすることを考えるなら、まずは家事代行サービスの事務所に登録するのが一般的です。得意な分野(料理・掃除など)や勤務可能時間などを相談したうえで、希望にマッチした派遣先を紹介してもらえます。時給にして1時間1000円以上というケースが多いですから、近所のスーパーでパートをするよりはまとまった収入が見込めそうです。また、勤務時間を比較的自由に設定できるので、扶養の範囲内でのバイトを希望する方にも最適です。

家政婦と家事代行との違い

おすすめPICK UP記事

あると便利「ホームアテンダント検定試験」
あると便利「ホームアテンダント検定試験」

家事代行のバイトをはじめたらその奥深さに魅せられて、もっとキャリアを磨きたいとがんばる主婦の方も少なくありません。そういう場合は資格を取得することで基礎的な知識の勉強にもなりますし、仕事を探す際にも有利になります。家事代行バイトに活用できる資格として「ホームアテンダント検定試験」の概要などを紹介します。ホームアテンダント検定試験は、まさに家事のプロフェッショナルであることを証明する資格で、チャレンジしてみることで多くの気付きがあり刺激になることと思います。

家政婦と家事代行との違い
家政婦と家事代行との違い

家事代行というと、家政婦さんを思い浮かべる方が多いと思いますが、家事代行と家政婦さんは違います。一番大きな違いは雇用形態(契約の流れ)の違いです。家政婦さんの場合は家政婦紹介事務所からの紹介を受けて、家政婦さん本人と仕事先のお宅で契約をしなければならず、万が一トラブルなどがあっても家政婦さん本人が責任をもたなくてはならなくなります。これに対して家事代行のバイトは、契約等は家事代行サービスを提供する会社が行うものなので、その会社の1スタッフとして安心して仕事をすることができます。

Copyright (C) 2015 家事代行バイトコンシェルジュAll Rights Reserved.