専業主婦、必見!家事代行バイトのお仕事とは?

家事代行バイトコンシェルジュ

家事代行バイトコンシェルジュ

家事代行というお仕事

家事代行とは

専業主婦を長く続けていると社会に出て働くことに自信をなくしてしまうものですが、家事代行のお仕事なら主婦の経験を活かすことができます。家事代行とは家の中のことをする余裕のない家庭を訪問し、掃除・洗濯・料理などの家事を代わりに行うお仕事です。日中の限られた時間に働くことが多いため、専業主婦のバイトとしても最適だと言えます。企業側にとっても家事の経験が豊富な主婦を必要としており、キャリアアップも実現できるオススメの職業です。

家政婦と家事代行との違い

専業主婦の方が家事スキルを活かして働きたいならオススメの「家事代行サービス」ですが、「家政婦」との違いは雇用形態にあります。掃除、料理、いつもあなたが家庭でこなしている家事を仕事に変えるチャンスです。子供が幼稚園に行っている間だけ、午前中だけ子供を保育園に預けて、そんなスポット単位での働き方も可能です。料理が特別得意じゃなくても、実はお掃除がちょっと苦手でも、最低限の家事スキルがあれば大丈夫。スーパーやコンビニでバイトするよりも、断然美味しいバイトです。

家事代行が普及しつつある背景

女性の社会進出に伴う少子化を解決するために、社会全体で育児を支援するシステムが必要です。出産を期に退職すると次の仕事になかなか就けない、教育費が高いなど、収入減も大きな問題です。これらの課題への答えとして登場した新しいシステムが家事代行です。主婦の家事スキルを活かし、社会に貢献しつつ収入を得る手段です。同時に、消費者が安心して利用できるサービスでなくてはなりません。家政婦との雇用形態の違い、ハウスクリーニングとの業務内容の違い、家事代行のシステムなど、よくある疑問について解説します。

家事代行よくある質問

家事代行の仕事に対するよくある質問として「家事代行は世の中に必要か」というものがあります。少子高齢化がこれから本格化する時代に家事代行のお仕事はかなり重要な役割を果たすはずです。また、「どんな人が依頼するのか」という質問もあります。ご高齢の夫婦や子育て中の夫婦など、いろいろな人たちが様々な理由で利用しています。「家事代行を使うメリットは」という質問も多いです。家事は時間も体力も使う重労働ですので、お金を払って代行してもらい、その時間と労力を他の事に使えるのは大きなメリットではないでしょうか。

給料・募集要項事例

家事代行の仕事の募集要項を見ると、どんな仕事かが浮かび上がってきます。時給が高く短時間から働けること、そして何より専業主婦としての経験が活かせる仕事だということがわかります。専業主婦として年齢を重ねた経験がそのまま家事代行の仕事のスキルとして活かせます。仕事内容は掃除や洗濯などの家事全般から、買い物やベビーシッターの仕事など多岐にわたります。他人の家に入ってする仕事なので嫌なこともあるかもしれませんが、専業主婦のスキルを活かせるというメリットを考えると、さほど問題ではないのかもしれません。

おすすめPICK UP記事

あると便利「ホームアテンダント検定試験」
あると便利「ホームアテンダント検定試験」

家事代行のバイトをはじめたらその奥深さに魅せられて、もっとキャリアを磨きたいとがんばる主婦の方も少なくありません。そういう場合は資格を取得することで基礎的な知識の勉強にもなりますし、仕事を探す際にも有利になります。家事代行バイトに活用できる資格として「ホームアテンダント検定試験」の概要などを紹介します。ホームアテンダント検定試験は、まさに家事のプロフェッショナルであることを証明する資格で、チャレンジしてみることで多くの気付きがあり刺激になることと思います。

家政婦と家事代行との違い
家政婦と家事代行との違い

家事代行というと、家政婦さんを思い浮かべる方が多いと思いますが、家事代行と家政婦さんは違います。一番大きな違いは雇用形態(契約の流れ)の違いです。家政婦さんの場合は家政婦紹介事務所からの紹介を受けて、家政婦さん本人と仕事先のお宅で契約をしなければならず、万が一トラブルなどがあっても家政婦さん本人が責任をもたなくてはならなくなります。これに対して家事代行のバイトは、契約等は家事代行サービスを提供する会社が行うものなので、その会社の1スタッフとして安心して仕事をすることができます。

Copyright (C) 2015 家事代行バイトコンシェルジュAll Rights Reserved.