家事代行バイトをアルバイト情報誌から探す

家事代行バイトコンシェルジュ

家事代行バイトコンシェルジュ

アルバイト情報誌を利用する

家事代行サービスは、「働く女性が増えていること」や「高齢化社会が進んでいること」などの理由から依頼件数が増え続けている仕事です。なので炊事、洗濯、掃除などの経験を毎日積んでいる専業主婦のバイト先として注目されています。家事だけでなく高齢者との接し方などを普段から経験しているので、自然とスキルが高くなっているからです。そして、勤務時間を比較的自由に選べて短時間で済む家事代行のアルバイトをしたいという主婦も増えているようです。ではどうやって家事代行のバイト先を探せばいいでしょうか。

LINEで送る
Pocket

家事代行のバイトの探し方

まずは知り合いなどに家事代行をしてほしいという人がいるかどうかを探すという人もいると思います。自分のコネや情報網を使って仕事を探す方法です。近所の連絡版などに家事代行をしますと張り紙をしておく方法もあります。気心の知れた人や、勤務地が近所になるなどのメリットはありますが、見つかる可能性が低いというデメリットもあります。特にすぐに働きたいと言う人にとっては長時間待つのは辛いと思います。個人で仕事をすることになるので、仕事の料金をいくらにするかの交渉などもしなくてはなりません。次にアルバイト情報サイトを利用するという方法もあります。情報数が多く、希望のバイト先が最もみつかりやすいかもしれません。しかし首都圏中心のバイト先が多く、地方になるほど紹介先が少なくなる場合が多くなります。そしてスマホやパソコンを使うのが苦手だという方には協力してくれる人をみつけないと利用できませんので難しい方法かもしれません。

アルバイト情報誌を活用する

アルバイト情報誌を活用するという方法もあります。アルバイト情報誌は扱っている件数も多く、スマホやパソコンが苦手な人でも利用できるので、バイト先を探す人にとって万人向けの方法と言えるかもしれません。また地方版のアルバイト情報誌も出ていますので、自分の住んでいる地域を扱っているアルバイト情報誌を見ることで、必要のない情報を締め出す事が出来て、効率的にバイト先を探せる可能性があります。地方新聞や、地域情報誌などでも、同じように地元密着のアルバイト情報を掲載していますが、掲載スペースが少ないのでアルバイトの紹介件数も少なく、応募先の情報があまり書きこまれていないのが難点です。アルバイト情報誌のほうが掲載紙面が当然多いので、勤務地や時給などの基本情報以外にも、求める家事の種類などバイト先の情報が豊富です。電話などでバイト先に問い合わせた時に、紙面から受ける印象と実情とのギャップが少なく済むので安心だと思います。ただし注意しておきたいのは、アルバイト情報誌は発売されてから時間が経てば経つほど、希望のバイト先が見つかってもすでに締め切られているというケースが多くなってしまいます。なのでアルバイト情報誌はできるだけ発売日に手に入れるように心がけると、希望のバイト先で働くチャンスが増えると思います。

アルバイト情報誌を利用する

おすすめPICK UP記事

あると便利「ホームアテンダント検定試験」
あると便利「ホームアテンダント検定試験」

家事代行のバイトをはじめたらその奥深さに魅せられて、もっとキャリアを磨きたいとがんばる主婦の方も少なくありません。そういう場合は資格を取得することで基礎的な知識の勉強にもなりますし、仕事を探す際にも有利になります。家事代行バイトに活用できる資格として「ホームアテンダント検定試験」の概要などを紹介します。ホームアテンダント検定試験は、まさに家事のプロフェッショナルであることを証明する資格で、チャレンジしてみることで多くの気付きがあり刺激になることと思います。

家政婦と家事代行との違い
家政婦と家事代行との違い

家事代行というと、家政婦さんを思い浮かべる方が多いと思いますが、家事代行と家政婦さんは違います。一番大きな違いは雇用形態(契約の流れ)の違いです。家政婦さんの場合は家政婦紹介事務所からの紹介を受けて、家政婦さん本人と仕事先のお宅で契約をしなければならず、万が一トラブルなどがあっても家政婦さん本人が責任をもたなくてはならなくなります。これに対して家事代行のバイトは、契約等は家事代行サービスを提供する会社が行うものなので、その会社の1スタッフとして安心して仕事をすることができます。

Copyright (C) 2015 家事代行バイトコンシェルジュAll Rights Reserved.